緩和ケアチームの紹介

看護部門

疼痛・緩和ケアを専門とする看護師が、がん患者さん・ご家族の方を対象に外来や病棟で、麻酔科・精神科・リハビリテーション科・放射線科をはじめとする医師、薬剤師などと協力しながら情報提供や相談を行っています。 相談内容は、がんに伴う痛み・息苦しさなどの身体のつらさ・不安などの気持ちのつらさ・緩和ケアに関する情報提供・療養環境の調整(緩和ケア病棟や訪問看護/訪問診療の紹介)などです。

相談例

  • がん性疼痛のコントロールがうまくいっていない
  • 医療用麻薬を使うと言われたが不安だし、抵抗がある
  • がんと診断された、治療していくなかで不安がある
  • 緩和ケアや緩和ケアチームについて知りたい、紹介して欲しい
  • 在宅緩和ケアや緩和ケア病棟について知りたい、紹介をして欲しい
木村理恵子看護師

木村理恵子看護師

須山郁子看護師

須山郁子看護師

田中康代看護師

田中康代看護師

藤田幸子看護師

藤田幸子看護師

その他

緩和ケアチームには、がん患者さんの心のケアを専門とする臨床心理士1名が、チームメンバーと共に、患者さんやご家族が抱えている心配事や必要としている援助に関するサポートを行っております。また、医療スタッフに対する緩和ケアの研修活動を支えております。

朴順禮看看護師

朴順禮看護師
臨床心理士

ページの先頭へ