緩和ケアチームの紹介

身体症状担当医

がん患者さんのつらさはトータルペインとして評価し、中には改善が難しいつらさもありますが、その中でも身体のつらさは、まず改善したい問題です。
そして、特に「痛み」については、適切な評価の上で治療する事で改善につなげる事ができます。痛みを抱えたまま生活を続けるのは辛いことですし、痛みを我慢しているだけで心のつらさも増してしまいます。患者さんにしかわからない「痛み」を表現していただき、客観的にチームで評価し治療する事で、適切なつらさの軽減につなげることができます。「がんの痛み」については痛みの種類や大きさ応じて、医療用麻薬を含む様々な鎮痛薬による治療やブロック注射等の治療を検討していきます。その他、がん治療をしている経過で生じる身体のつらさを緩和する治療をしています。

治療の対象となる症状

  • がんに伴う痛みやしびれ
  • 悪心・嘔吐や倦怠感、呼吸困難感等
  • 抗がん治療に関連した痛みやしびれ(口や肛門の粘膜の痛み・抗がん剤の副作用による神経痛)等
橋口さおり医師 安達昌子医師 福田陽子医師 宮田知恵子医師
ページの先頭へ